派遣に関することについて

派遣に類似して、仲介者を介在させて労働者を受け入れ、その労働力を利用する3面関係での労働が広がっています。

派遣に関することについて

派遣に関することについて

派遣に類似して、仲介者を介在させて労働者を受け入れ、その労働力を利用する3面関係での労働が広がっています。労働者、仲介者、労働力利用者の3者の関係は、主のものとしては、労働者派遣以外に派遣店員、有料職業紹介、在籍出向、労働者供給、請負などがあります。日本の派遣法の規定内容は、きわめて貧弱です。特に、情報処理関係では長期の出張、2重、3重の業務委託など、労働者派遣の形態を使わない、事実上の労働者派遣が少なくありません。

また、労働者派遣ができない業務では、労働者ではなく事業主として扱い、事業主派遣として法規制を逃れる慣行も目立っています。こうした多様な形態を利用した派遣は、厳密には違法派遣といえる場合が多いと考えられます。派遣と正社員の違いとして、給料など待遇の格差があります。派遣は、大企業のきれいなオフィスでパートタイマーよりも高い時給で働けると宣伝されています。

確かに、派遣労働者はパートタイマーの年収に比べて高給なことが多く、独身であれば非課税限度を超えても気になりません。しかし、結婚すれば夫の被扶養者としてとどまるのかどうかが大きな問題となり、年収ではパートタイマーと同じ問題が生じます。

Copyright (C)2018派遣に関することについて.All rights reserved.